コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: 宝石商が人工ダイヤモンドをオススメしない理由

宝石商が人工ダイヤモンドをオススメしない理由

宝石商が人工ダイヤモンドをオススメしない理由

今日は、よくご質問いただく「人工ダイヤモンド」についてお話ししたいと思います。

まず、前提として、私は宝石商ですので

・ラボグロウンダイヤモンド(人工ダイヤモンド)
・モアサナイト(炭化ケイ素)
・トリート(人工的に処理を施したもの)

などの人工処理を施した宝石は一切取り扱いません。

理由としては大きく2つ挙げられます。

①リセールができない可能性がある

②天然ダイヤとは違い、量産のできる「工業製品」

1つめの「リセール不可」ということは、つまり、私をはじめほとんどの宝石商は買取りをしないという意味です。

2つめの「工業製品」は買取できない理由にも繋がりますが、量産できるため価値がないのです。

 

宝石の魅力はいくつもありますが、その中でも私は「ロマンティック」という言葉を大切にしています。
何億年ものあいだ、地球の奥深くに眠っていたダイヤモンドの原石。
とてつもなく長い年月をかけて地表に上がり、採掘されて磨き上げられたダイヤモンドの輝きに女性がうっとりするのは、壮大なロマンを感じているからだと思うのです。

私は宝石商としても、ひとりの女性としても、
「ロマンティック」じゃないものは身につけたくありません。

昨今、人工ダイヤモンドを価値がある様にブランディングをして販売しているのをお見かけします。
価値を理解した上でアクセサリーとして購入されるのはご自身の判断だと思いますが、真実を知らないままに購入されると、後悔するかもしれません。

人工物や合成ダイヤモンドはジュエリーではございません。

 

ダイヤモンドの鑑定書を発行している米国宝石学会GIAのサイトには下記のような記載があります。

「天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドが形成される条件は非常に異なるため、成長構造の違いと原子レベルの欠陥が生じます。なので、これらが同一であると言うと誤解を招きます。全く同じだったら、区別することはできません」 と、GIA執行副社長兼ラボ・研究最高責任者のTom Mosesは語ります。

 

私は宝石商として、顧客様には真実を誇張せずに真摯にお伝えし、ご提案することを常日頃心がけております。

価値がないものは取り扱いませんので、皆様、信頼してお任せください。

Read more

ayako'sコーデ ダイヤモンドVer.

ayako'sコーデ ダイヤモンドVer.

ジュエリーを購入したけれど、どんなシーンで着ければいいか分からない、という相談を受けます。 宝石商の母の元で育った私は、「宝石は肌に馴染む」と教えられました。 何か特別な行事やイベントの時にだけ身に着けていると、不思議といつまでも「借りてきた感」が出てきてしまうものです。 雰囲気ごと宝石に馴染むには普段から身に着けるのがいちばん。 そのかわり、帰宅後にはすべて外して所定の位置に戻します。 お...

もっと見る
価格高騰の可能性について

価格高騰の可能性について

宝石のルースはほとんどが輸入商品となっており、世界情勢やレートの影響を受けます。 昨年の年末からダイヤの価格は高騰しており、材料費も値上がりが止まりません。 ルイヴィトンやシャネルをはじめ高級ブランドが昨年から値上げを繰り返しているように、私が取り扱っている宝石のお値段も値上がりして価格改定をしているものがございます。 仕入れの時期により価格を変更せずに販売しているものもありますが、基本的に...

もっと見る